宅建協会に提出の登録申請書類が受理、宅建士証(取引主任者証)が到着

2019宅建試験日・10/20(日)まで

アップ

スポンサーリンク

宅地建物取引士証が到着。(2011/3/19)

バイクのエンジン音が止まって、数秒後にピンポーン(呼鈴)。あ!いつもの郵便屋さんの音だ!ハンコ持って階段を駆け下りると、やはり、自分への簡易書留。『宅建取引士証』と、『知事に登録の通知』が封筒に入ってとうちゃーく!


下の写真も、見かけ上は控えめにバンザイして喜んでいますね。 (内緒ですが、よーく見ると実はどや顔してます。)
 ←宅建士証を入れるケースはこのサイズがベスト!

宅地建物取引士証

ファイテンのアクアチタンネックストラップをしたら、オシャレっぽい?

知事の登録の通知も同封されて到着。(2011/3/19)

↓『知事の登録』が無事に行われた通知↓

      知事の登録完了の通知

ちなみに上の2点が入ってきた封筒は申請時に自分宛てに380円分の切手を貼って
返信用として提出したものです。晴れて宅地建物取引士になりました。ィェーィ!エッヘン!どや!^^


取引士証取得までの時系列宅建の勉強開始から

2010年
5月下旬
テキストで勉強開始。
6月末までの一か月ちょいの期間は、らくらく宅建塾を読み込み。
7/1~10/16
過去問宅建塾。
(過去問を回した順序は、壱壱→弐弐→参参→壱弐参→壱弐参→壱弐参でトータル5回転。)
10/17
宅建試験受験。
(合格発表までの約一ヶ月半は、非常に長く感じます。)
12/01
宅建試験合格。
(3日間で登録実務講習の受講先を検討)
12/04
登録実務講習申し込み。
(1ヶ月半の間で12/19に登録実務講習のテキストが送られ、自宅学習開始)
1/18・19
スクーリング&修了試験。
結果が到着するまでの10日間、修了試験の結果待ち。この期間中に必要書類を集めるのが効率的!※2015年現在、終了証を即日発行してくれる実務講習実施機関あり。
1/29
登録実務講習修了証到着。
(このあと10日程で知事の登録に必要な書類集めた。)
2/10
登録と宅建士証の同時申請。
(1ヶ月と9日取引士証の到着を待ち続ける。)
3/19
宅建士証、知事の登録の通知到着。

試験~合格~宅建士証取得までの時間は長ーい

5月下旬の勉強開始から宅建士証を手にするまでトータル約10カ月。試験まで待ち、合格発表まで待ち、実務講習まで待ち、修了試験の結果を待ち、宅建士証発行まで待ち、と、非常に長い10カ月だった。

修了試験の結果待ちの間に必要書類を集めていれば、あと10日早く(3/9に)取引士証を手にできたかもしれません。 東日本大地震や計画停電の影響もあり、もうしばらくかかるかと思いましたが、知事登録・宅建士証交付の同時申請から39日と、宅建協会から案内された目安の50日よりも早く届きました。宅建合格のメリットが記載している面白いページを見つけました。
宅建資格について/不動産業界の歩き方
↑このメリットを私は得たぞー! ィェーィ!


宅建士証ゲットから約4年半後、有効期限の半年前に期間満了の通知

不動産協会から↓(2通同日に届きました。)

更新通知
期間満了のお知らせ

宅建協会から↓

法定講習の案内
更新の手紙

法定講習に申し込み受講票をもらう

宅建法定講習の受講票兼宅建士証引換書
申し込み時に宅建士証を提出したので上の3.に二重線が入っています。



注意事項4.を利用して分けた方がラク。

法定講習を受講(苦痛w)

浦和駅東口徒歩の埼玉宅建協会にて
当日はテキスト4冊が所定の席に置いてあります。B5で厚さの合計約4.8センチ、重さ約2kg(重たい)。 法定講習テキスト1
法定講習テキスト2
法定講習テキスト3
法定講習テキスト4
テキスト4冊を入れる袋もついてきた。 袋

新しい宅建士証

【16,500円+日中の拘束】と引き換えに新しい宅建士証ゲット。宅建士証


スポンサーリンクsponsor link

このページの先頭へ