本文へスキップ

宅建協会に提出の登録申請書類が受理、宅建士証(取引主任者証)が到着

宅建合格発表2017/11/29(水)まで

更新

スポンサードリンク

バイクのエンジン音が止まって、数秒後にピンポーン(呼鈴)。
あ!いつもの郵便屋さんの音だ!ハンコ持って階段を駆け下りると、
やはり、自分への簡易書留。『宅建取引士証』と、『知事に登録の通知』が
封筒に入ってとうちゃーく!

下の写真も、見かけ上は控えめにバンザイして喜んでいますね。
(内緒ですが、よーく見ると実はどや顔してます。)
 ←取引士証を入れるケースはこのサイズがベスト!

宅地建物取引取引士証

ファイテンのアクアチタンネックストラップをしたら、オシャレっぽい?

↓『知事の登録』が無事に行われた通知↓

      知事の登録完了の通知

ちなみに上の2点が入ってきた封筒は申請時に自分宛てに380円分の切手を貼って
返信用として提出したものです。晴れて宅地建物取引主任者になりました。
ィェーィ!→家→不動産→宅建(笑)


2010年(平成22年)
5月下旬  テキストで勉強開始。
     6月末までの一か月ちょいの期間は、らくらく宅建塾を読み込み。
7/1~10/16  過去問宅建塾。
     (過去問を回した順序は、壱壱→弐弐→参参→壱弐参→壱弐参→壱弐参で
     トータル5回転。)
10/17  宅建試験受験。
     (合格発表までの約一ヶ月半は、非常に長く感じます。)
12/01  宅建試験合格。
     (3日間で登録実務講習の受講先を検討)
12/04  登録実務講習申し込み。
     (1ヶ月半の間で12/19に登録実務講習のテキストが送られ、自宅学習開始)
1/18・19 スクーリング&修了試験。
     (10日間、修了試験の結果待ち。)←ここで必要書類を集めるのが効率的!
     ※2015年現在、終了証を即日発行してくれる実務講習実施機関あり。
1/29  登録実務講習修了証到着。
     (このあと10日程で知事の登録に必要な書類集めた。)
2/10  登録と取引士証の同時申請。
     (1ヶ月と9日取引士証の到着を待ち続ける。)
3/19  宅建取引士証、知事の登録の通知到着。


5月下旬の勉強開始から取引士証を手にするまでトータル約10カ月。
試験まで待ち、合格発表まで待ち、実務講習まで待ち、修了試験の結果を待ち、
取引士証発行まで待ち、と、非常に長い10カ月だった。
修了試験の結果待ちの間に必要書類を集めていれば、あと10日早く
(3/9に)取引士証を手にできたかもしれません。 東日本大地震や計画停電の影響もあり、もうしばらくかかるかと思いましたが、
知事登録・取引士証交付の同時申請から39日と、宅建協会から案内された
目安の50日よりも早く届きました。宅建合格のメリットが記載している
面白いページを見つけました。
宅建資格について/不動産業界の歩き方
↑このメリットを私は得たぞー! ィェーィ!


不動産協会から↓(2通同日に届きました。)

更新通知

宅建協会から↓

法定講習の案内

不動産協会から↓

期間満了のお知らせ

宅建協会から↓

更新の手紙

バナースペース

フロムa北海道・東北
宅建 社員 バイト
フロムa関東
宅建 社員 バイト
フロムa甲信越・北陸
宅建 社員 バイト
フロムa東海
宅建 社員 バイト
フロムa関西
宅建 社員 バイト
フロムa中国・四国
宅建 社員 バイト
フロムa九州・沖縄
宅建 社員 バイト
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
★リクナビNEXT
★リクナビNEXT
★リクナビNEXT
★リクナビNEXT
★リクナビNEXT
★リクナビNEXT
★リクナビNEXT
★リクナビNEXT
★リクナビNEXT
★リクナビNEXT
★リクナビNEXT
  • 沖縄で宅建を生かす
  • 沖縄
スポンサードリンク